マルミツポテリの直営店ブログ

category: ボビン

生活の中にあるリネン

2018.11.15 Thu 12:44

私は広報という職種でして、ただいまスタジオ エムのカタログ制作まっただ中。

撮影をしていると、リネン生地のアイテムは必須です。


食事や生活のシーンを撮るにも、

テーブルクロスやキッチンクロス、コースター、エプロンなど・・・

日常生活の中で身の回りにリネンはこんなにもあって、

季節感を出してくれたり、華やかで楽しい食卓にしてくれるんだなーと日々感じています。


ボビンの豊富な生地の中から季節や用途を考えて選び、

生活の中で必要なアイテムをぜひ作ってみて下さいね。

ご相談もお気軽にしてくださいね!

tel:052-777-1238
email:bobine@marumitsu.jp


広報(ゆ)

ガーゼウール

2018.11.07 Wed 17:06

暖かそうなこちらのストール。

使われてるのは、ボビンの冬生地でオススメしたい、ガーゼウールです。

パープル、カーキ、チャコールグレーの3色展開。


タテ糸がリネン、ヨコ糸がウールで織ってあるので、軽くてあたたかいのが特徴です。

やわらかくて肌にあたって心地いいので、ストールなどにオススメなんですよ。


11月のボビンフェアもストールがテーマとなっており、こちらの生地もおすすめしています。


冬にぜひ使って頂きたい生地ですので、みなさんの制作のご参考にしてくださいね。

無料生地サンプルもできますので、お気軽にお問合せくださいね!


bobine(こ)

コットンテープの話

2018.11.01 Thu 17:07


主にエプロンや、キッチンクロスにも使われてる、コットンテープにスポットを当てます。

写真はどれも同じ織機で作られた「越前織」です。

そもそもは織ネームとも呼ばれ衣類や 布製品に使われているネームタグなどに使用されています。

太番手でほっこりした仕上がりに惚れ込んで、

同じ織物屋さんにかれこれ15年くらい生産を依頼してきました。

細巾専用の旧式のシャトル織機を使って丁寧に織られおり、

紋紙と呼ばれる織機の糸の上下を指示する厚紙を使ってそれぞれの図柄を織りなしていきます。

生成色のコットンと色糸のテンションが柔らかくなんとも素朴な風合いです。

ボビンでは単体での販売もしております。

使い方はそれぞれで小物のアクセントにしたり、

穴のあいたシャツの裾の修繕に使ったり、、、使う方ならではの楽しみがあります。

大変残念なことに久しぶりに織物屋さんに連絡したところ、

もう織機は稼働しておらず廃業されてしまうとのこと。

まだストックはありますので大事に販売していきたいと思います。

企画(は)


リネンウールのニット。

2018.10.28 Sun 10:00

10月も残すところ数日。

日に日に、冬の訪れを感じるようになり、

ボビンも冬にむけてスカートやワイドパンツに合わせて頂きやすい、

リネンウールのニットを揃えました。



こちらのリネンウールニットは、

国内のニット工場さんで丁寧に編み上げて頂きました。

ウールに少しリネンを加えることで、優しい雰囲気が出ています。



裾には、「m」の刺繍が施されています。

シルエットは細身なので、

タックがたっぷりはいったボビンのタックスカートやキュロットとも相性が良いです。

ぜひ手にとられて、生地の風合いを確かめて下さいね。


item:リネンウールニット クルーネック

fabric:リネンウール(生成・チャコールグレー)

material : wool70%.linen30%

price : 17820yen

bobine

ボビンの冬の生地

2018.10.26 Fri 09:20

先日、ボビンのストールの撮影をしました。

というのも、11月のボビンのフェアは「ストール」なのです。


撮影時に実際に少しまいたり羽織ったりしてみましたが、

本当にあたたかくて肌にあたる感じも、とても気持ちいいです。

今の季節は気温差が激しくて、着るものが難しいですよね。

朝や夜の冷える時にストールをさらっと羽織れると素敵です。


ボビンには冬にオススメのウールの生地もありますので、

冬の生地をお探しの際はぜひチェックしてみて下さいね。


広報(ゆ)

カンティーヌのハンカチ。

2018.10.22 Mon 12:00

今年の秋と冬の新しい生地、

「カンティーヌ」のハンカチが仕上がりました!

カンティーヌとは、フランス語で『食堂』という意味。

大衆的なビストロやレストランのテーブルクロスをイメージして名付けました。

少しクリーム色がかったベース地に細いラインを3本並べた軽やかなボックスチェックが、

どこか懐かしく、ノスタルジックな雰囲気を漂わせてくれます。

ボビンのハンカチは、40cm×40cmと小さめのサイズ。

このサイズ感のおかげで洋服のポケットに入れた時に、

おさまりが良いのでリピーターさんも多く、密かに人気アイテムです。

item:ハンカチ

material:linen100%

price:1404yen


bobine

ブリーズオックス

2018.10.17 Wed 10:26

先日ブログでも、紹介しているブリーズオックス生地ですが、

「パープル」の他にも「白」「チャコールグレー」がございます。


「白」「チャコールグレー」は落ち着いた色で、他の色と合わせやすいので

ブラウスやスカートにもおすすめです。

平織の安定感のある生地ですので、

あまり縫う事に慣れていない方にも縫いやすい生地です。

秋に向けて新しいブラウスやスカートが欲しいな、自分で作ろうかな?

とお考えでしたら、一度ご覧になってみて下さい。


bobine(み)

19ss 新作生地 進捗報告

2018.10.11 Thu 18:44

新作生地の糸色サンプルがやっとできあがってきました!



糸ビーカーと言って、イメージする色を実際のリネンの糸に 染めてもらいます。

その中から織り上がりを想像して一番適しているものを選びます。

毎回驚かされるのが、思いどおりの色に染まってくること。

これは色の調合師さんの仕事ですが、ズバリの色味とその前後の濃淡つけた色味を合わせて提案してくださいます。

色の依頼は紙チップだったり、小さな生地や糸の切れ端など本当に小さな断片しかお渡しできないのですが、

ズバリイメージしていた色を再現してくださり、色の解釈や調合技術の正確さには目を見張ります。


今回の色選びはかなり迷いました、、、

どちらもきれいな色に染め上がっていて、織り上がりのチェック生地のイメージがどちらの色でもできます。

↓ 紙にプリントしたできあがりイメージ






テーブルクロスにした時の器の見え方、

スカートやトップスにしたときの顔映り、

器などの新作商品をコーディネートして組み合わせた時の印象など、

2019 春夏新商品としてふさわしい色をどうにか選びました!

素敵な生地が期日までに織り上がってくるようにあとは願うばかりです、、、


企画(は)


ボビンのオリジナルシューズ。

2018.10.06 Sat 12:00

ボビンのオリジナルシューズ。

ボビンの洋服に合わせて、

カジュアルにも上品にも着こなしたい方に、

お勧めの飽きのこないデザインで丁寧に作られたレザーレースアップシューズ。

より女性らしくキレイにフォーマルなシーンににも履ける、

一日履いていても疲れないヒールの高さ、

足先をしっかりと包み込む深めの履き口のストラップシューズ。




ボビンの靴は、

デザインは違いますがどちらも日本人の足に合う、

疲れない靴を作りたいと言う思いは同じ。

ボビンの靴作りは、

オリジナルの木型を作り、ラフスケッチを描き、

職人さんと幾度も打ち合わせをして、作り上げたこだわりが詰まった靴です。

是非お店で手に取って、試してみてくださいね。

item:レースアップシューズ/ストラップシューズ

price:45.360yen
 

bobine

ブリーズオックス(パープル)

2018.10.02 Tue 10:09

先月のフェアからbobineに新しく入ったブリーズオックス(パープル)

落ち着いた色の多い生地の中、一際目立ちます。


光沢もあるので、撮影をしていても光のあたり具合で色の印象が違いますし、

上品で本当に綺麗な色だなーと見とれてしまう程・・・。

ブリーズとの違いは、縦糸と横糸を2本ずつ引き揃えに織ってあること。

それによって、ブリーズよりも生地の厚みがあって透け感が少ないんです。

肌触りもよく通気性もいいので、夏でも気持ちよく着れますし

これからの秋冬にも着れて、1年中着回せる生地です。

この生地気になる!という方は、サンプル生地をお送りすることができますので

お気軽にbobineにお問合せくださいね!

こちら▶

広報(ゆ)


archive