2016年10月

すっかり秋になり徐々に寒さが増していく季節になりましたが、

冬に向けての準備はお進みでしょうか?

 

冬の什器補充に向けて今回はsobokaiブランドの

デザート皿をご紹介します!

 

写真「ピコレオンデ9"ボウル

 

今年からsobokaiブランドの新たなシリーズとして加わった「ヴィンテージ シリーズ」。

白系の器を使いたいが、雰囲気のある器を使いたい方には是非おすすめしたい商品です。

白磁をお使いの方もデザート皿のみ少し変えてみるのもいいかもしれません。

 

写真左「エディ9"プレートWH

写真右「キャドル8"プレート グレー」

 

高級感を出すのであれば上の写真のような器はいかがですか?

「エディ」は渦巻き状のリーフが視点を中央に集める効果があります。

「キャドル」はフチの装飾がクラシカルで上質なイメージを与えます。

 

写真左「リーフ付出皿 黒」

写真右「ドロップ小付

 

他にも和テイストのデザートで使えそうな器や、

年末年始で予約がありそうなパーティーやビュッフェなどで使える小振りな器など、

各種取り揃えております。

 

年末に向かって予約等が増え、

什器の準備が間に合わなくなる前に是非この機会にご検討下さい!

最近ヘルシー志向の飲食店も増えてきているので、

今回はパワーサラダに使える器のご紹介します!

写真「ジラソーレ9"ボウル ビアンコ」

 

ソボカイのヴィンテージシリーズより、

ひまわりの形を模した器です。

 

黒土に白釉を施した独特な風合いで、

写真のように食材の色が際立ちます。

 

写真左「フランシスコ240ボウル

写真右「トリ10"プレート

 

他にも使う食材によって器の色を変えて提供出来る

カラー展開が豊富なものや、

高級感を出す為に変形のプレートなど、

多種多様なご提案が出来るラインナップを取り揃えております。

今回はソボカイブランドの小鉢をご紹介します。

ソボカイ小鉢リンク

上の写真のように小鉢にも色々な形状、色のものがあり

トレーに並べるだけでも、賑やかなイメージになります。

 

秋冬で器替えをご検討中のお客様方、

アクセントとなる小鉢を1種類導入するだけでも、

お店の雰囲気が少し変わりますよ。

惣菜を入れるだけではなく、

デザートやソース用の器としてもご検討頂けます。

 

和洋問わず用途や組み合わせで様々なご提案をさせて頂きますので、

お困りの方はご相談下さい。

今回は冬に向けての器準備として、土鍋のご紹介を致します。

→《土鍋ラインナップ

 

マルミット 白い豚」 sizeW310 D245 H90 1360cc 上代¥6700

 

土鍋と聞くと和食のイメージが強いですが、

弊社の土鍋は洋風にも対応出来るデザイン性のある土鍋を取り揃えているので、

洋食のお客様の煮込み料理にも対応出来ます。

 

テガメ10号鍋 アメ」 sizeW343 D293 H146 1800cc 上代¥9500

 

近年土鍋が導入される飲食店様が増えつつあります。

その理由としては、温かみのある雰囲気と保温性。

陶器特有の土の質感がテーブル演出の効果を高めます。

また鉄鍋は熱しやすく冷めやすいのに対し、

土鍋はじっくりと熱が周り、火を止めても余熱で温かさが持続されます。

 

冬に向けて土鍋の注文が込み合う事が予想されますので、

お早めのご検討宜しくお願い致します。