タプナード


 

 

ぽってり肉厚で、安心感のある形のタプナード。

由来は、オリーブの実とアンチョビなどを合わせたタプナードソースの色味から名づけられました。


素材は赤色の土を使用していて、透明の釉薬をかけて焼き上げています。

透明の釉薬とはいえ、

釉薬のかかっていない底面と、渕の釉薬がかかった部分とではこんなに色味が違うんです。

土そのものの表情の豊かさと、釉薬と素材の組み合わせによって優しいグレー色を表現できています。


近くで見ると、鉄分が点々と現れているのがわかります。

粒子の大きさの違いもあり、グレーの中にも濃淡が出ているので、

じっくりと見る程にそれぞれ表情の豊かさが現れていて、陶器の面白さを感じます。

 

グレーは、食材にはあまりない色なので、

お料理映えもよくって、使えるんです。

キャロットスープのオレンジがとっても映えますね~。



また陶器素材ながら、レンジ・オーブンに使えます。

盛り付ける面の広さと、程よい深さがあることで、

写真のようなソーセージなど具材の大きい煮込み料理も、

盛り付けやすく、ナイフフォークも扱いやすいです。

もちろん、ベシャメルソースに具材たっぷりのグラタンやドリアなどにも◎

使えるお料理の幅が広いのは嬉しいポイントですね。

器を初めて買い揃える方にもおすすめです。



 


 

 

渕はぷっくりとした“玉縁”になっています。

シンプルなデザインの中にも、ちょっと可愛らしいアクセントになっています。


 

 

マグ、スープカップ、プレート、ボールと合わせて6種類ある展開の中で、

プレートとボールには、それぞれ異なるロゴも注目ポイント。

 

Poulet  “チキン”

Poisson “魚”

Legumes “野菜”


と、サイズによってオススメの食材がひっそりと描かれてます。



日常使いに”ちょうどいい”サイズ感が詰まったシリーズです。

ぜひ選んでみてくださいね!

詳しくはこちら>>


https://www.marumitsu.jp/webstore/products/detail/1773

これまでの一覧を見る