かわいいコーディネートが好きなフランス出身ガール。フランスの料理や文化、思い出も一緒に器と合わせて紹介していく。

大人っぽくて上品な雰囲気が好き。ちょっと特別で憧れるようなかっこいい器の組み合わせをみせていく。

家でもよく料理をするほどエスニック料理が好き。旅行した国の料理やお店の雰囲気を思い出しながら器を合わせていく。

140

営業

Camille Sogno

フランスの秋の定番料理チコリグラタンは、寒い季節によく食べられる。ハムで巻いたチコリをタブレに並べて、ベシャメルソースをたっぷりかける。最後に上からチーズをかけてオーブンで焼くだけ。ビター色のプレートにはバケットと、グリーンサラダを盛り付ける。パッと明るい色のピッチャーには、レモン水を。濃厚なグラタンにぴったりの組み合わせ。懐かしいチェックのクロスは、故郷を思い出してほっとする。

129

販売スタッフ

Kanako Sahara

寒くなってきた頃に食べるランチ。メインはマカロニの代わりにパスタを使った生クリームとチーズだけのシンプルなグラタン。一緒にプレートに添えるのは、サーモンのハーブバターローストとマッシュポテト。深みのあるタブレのグリーンは、白と黒のプレートでそれぞれ表情が違って面白い。濃厚なメニューによく合うのは、爽やかなフレッシュハーブティ。透き通る白が上品なマグにいれて優雅にいただく。

127

企画・デザイナー

Yuko Hayashi

秋の旬がつまった定食。秋刀魚や鰯の下処理をして、ナンプラーやレモンで味付けしたオーブン焼きはごはんのおかずにぴったり。栗ごはんと素朴なお味噌汁を一緒にいただく。タブレのオーバルグラタンは、魚や長さのある野菜も綺麗に盛りつけができるのが嬉しい。スモーキーな水色の洋食器と深みのあるグリーンの組み合わせは穏やかで落ち着く。そこに古典的な柄の飯碗がアクセントになるコーディネート。